小さな我が家の、小さなリビングダイニング。

0372a

小さいうえに独立キッチンで場所をとられちゃってるので、よけいに狭くなっちゃってます。
この間取りは悔やまれるばかり…でも、しかたない(´・ω・`)

そんなLDKですが、少し広く見える工夫をしてあるんです。
それは何かというと…

0359

ここ。
掃き出し窓から見える、ウッドデッキです。

当初は、ここには何もなくて、ポッカリと空いている状態でした。
「お庭スペース」ということだったんだと思いますが。

それを見た父(不動産業を営んでます)が、
「ここを全面デッキにするとすごくよくなる」
とアドバイスをくれて、そうすることに。

もとは、掃き出し窓から出て地面に降りるのに2段ほど段差があったんですが、
床面と同じ高さにデッキをつけてもらいました。

0358

こうすることで、
室内の床が外のデッキとひとつながりのような感覚になり、
広がりを感じられる
という効果があります。

ポイントは、
「床とデッキを同じ高さにする」
「室内のフローリングの向きとデッキの板の向きを揃える」
ということ。

この「床と同じ高さにデッキをつくる」という方法は、
実際、部屋を広く見せる技として紹介されていたりもします。

「鏡をつけて奥行きがあるように見せる」や、
「ストライプの壁紙やカーテンで縦ラインを強調し、天井を高く感じさせる」
という方法と同じように、視覚的に広く感じさせるという原理です。

効果のほどはと言うと、遊びに来た友人に、
「外まで広がってるように感じるね~」
と言ってもらえたりもしています(*´∀`)ノ゙

我が家は住宅地の中にありますが、
ちょうどデッキの向こうからは丸見えにならない立地のため、
日中はカーテンを閉めずに開けているので、さらに効果があるのかなと思います。

このウッドデッキ、実用面でも役立ってくれています。
もとは段差があったところがフラットに外へ出られるようになったので、
ふとんや洗濯物を干すのがすごく楽になりました。

0363

屋根から、竿掛けを吊るしてもらっています。

0362

お隣のお庭が丸見えになってしまうので、正面に目隠しの壁をつけてもらいました。
これが雨よけにもなってくれて、横降りの雨でなければ洗濯物も濡れません(´∀`*)b

0361

気候のいい時期にはシートを広げて遊んだり、ごはんを食べたり。
それなりに広さもあるので、お友達と一緒にランチ会をしたり。

0363

ていうか、お庭いらないから、ここまで全部LDKにしてくれたらよかったのに…(´・ω・`)
と思わないでもないですが。
そして皮肉なことに、ここが我が家の中で一番日当たりがいい(´Д`)
(写真は夕方なので陰になってますが…)

いつか子供が大きくなって、和室が必要なくなったら、
隣の和室と、このデッキ部分を全部LDKにしたい!(`・ω・´)と企んでます。
果たしてその時に、そんな余裕があるのかどうかは謎ですが…(´・ω・`;A)
まあ、ささやかな夢ということで。

小さいし、建売だし、間取りもイケてないところ満載だけど、
こうしてできる範囲で工夫したり、手を入れたりして、
このお家を好きになれるようにして、楽しんでます(ノ´∀`*)


にほんブログ村 トラコミュ インテリアを楽しむ♪へ
インテリアを楽しむ♪

にほんブログ村 トラコミュ WEB内覧会*外構へ
WEB内覧会*外構


。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜


ランキングに参加しています♪
「読んだよ~」の応援クリックいただけると嬉しいです゚+.゚(´▽`人)
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ